パソコンの法定耐用年数って何?

パソコンは大体5年が寿命だと言われていますが、使い方次第で変わってきますよ。

パソコンを固定資産として計上する場合は、パソコンの法定耐用年数が関係しているので、企業でパソコンを使用する場合は耐用年数に注目しておきましょう。

パソコンをサーバーとして使うなら5年、それ以外での使用は4年が目安だと言われていて、減価償却を行って経費として計上するのです。

耐用年数を超えて使用した場合、問題が発生する事が考えられますので業務に支障をきたす事可能性があるため買い替えを検討すると良いでしょう。

パソコンが10万円未満の場合は消耗品として計上する事になり、減価償却の対象にはならないと言われているため、ビジネスで使うパソコンを探している方は注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA