パソコンの仮想メモリって何?

パソコンには、通常のメモリの他に仮想メモリという機能が搭載されています。

通常のメモリの空き容量が不足してしまうと動かなくなってしまいますが、仮想メモリは空き容量を確保するための代替の仮装領域ですから、仮想メモリを活用する事によって容量が大きい複数の操作を行う場合も作業できるのです。

仮想メモリの容量があっても、通常のメモリが足りていないと動作は重くなりますので仮想メモリにばかり頼るのではなく、通常のメモリを増設して対策する事が大切ですよ。

OSが古かったり、性能の低いパソコンを使っている場合は仮想メモリで補っても動作が遅くなる事が考えられますので、パソコンで快適な作業を実現したいのであればメモリなどの容量は充分に確保しておくのがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA